ならまち

璉珹寺(れんじょうじ)―毎年5月のみ秘仏が公開される、知る人ぞ知る古寺

  • by yamatojifukei
  • 0

LIXIL(INAX) LF-270SALC 床排水Sトラップ(排水口カバー付) ポップアップ式排水金具(呼び径32mm) ナチュラル アーチ型形状 きらりショッピングをお楽しんで

・璉珹寺(れんじょうじ)は、奈良町の南の端、市内循環バス「紀寺」バス停近く、崇道天皇社を通り過ぎてすぐのところにある小さなお寺です。例年、秘仏である本尊「阿弥陀如来立像」の公開が5月に実施され、その時期になると、ならまちの所々に「秘仏開扉 女人裸形阿弥陀仏」の立て札が立てられます。尚、一般拝観はその時期のみ可能となっていますので注意が必要です。

・その本尊である白色裸形の阿弥陀如来立像は、鎌倉後期の作で、光明皇后を模したものとも言われており、その独特の佇まいは仏像ファンには比較的よく知られ、ファンも多い秘仏となっています。

・なお、お寺の由緒に関してはその昔、、璉珹寺は「紀寺」とも呼ばれ、現在の明日香村にあった大寺院である「紀寺」が移転してきたものにルーツを持つとされているなど、相当に古い歴史を持っています。なお、「紀寺」の「紀」に表れているように、「紀寺」は、紀貫之などの「紀氏」の氏寺であるという、これまた由緒ある意味を持っています。

・本尊のみが注目されがちで、かつ観光情報に掲載されていない場合も多い小さなお寺ですが、小さな石仏がかわいらしく点在する境内はよく整備され、季節折々の花の色や香りに包まれており、佇んでいるだけでも気持ちの良い空間となっています。

璉珹寺(れんじょうじ)の風景

璉珹寺(れんじょうじ)はそれなりの大きさの山門を抜けてから、もう一度小さな山門のような扉をくぐり抜けて入っていきます。その雰囲気は一見お寺とは思えないような、どこか大変古い歴史を持つ「民家」に入っていくような気分にさせてくれます。

小さな門を抜けるとすぐに、小さくも立派な風格を漂わせる本堂が見えてきます。本堂の姿はれっきとした寺院そのものなのですが、小さくまとまりのある建物を見ていると、やはり「奈良町のお屋敷」の裏庭にでもいるかのような不思議な気分になってきます。

境内地には、きれいな草花に囲まれた複数の「石仏」たちがあることでも知られ、「隠れ寺」らしい味わいある風景に包まれた風情も感じて頂けます。




アクセス

奈良交通バス

・JR奈良駅から「市内循環内回り」乗車、「田中町」下車、南東に徒歩3分、または「紀寺町」下車、南西に徒歩3分

・近鉄奈良駅から「市内循環外回り」「中循環外回り」乗車、「紀寺町」下車、南に徒歩1分

※バス通り沿いに比較的よく見える崇道天皇社を目印に、神社の少し南側までアクセスして頂く形になります。

・JR・近鉄奈良駅から「天理駅」「下山」「窪之庄」行き乗車、「紀寺町」下車、南西に徒歩5分

JR京終駅から北東に徒歩10分

近隣スポット:崇道天皇社から南に徒歩1分、奈良町南観光案内所から東に徒歩3分、飛鳥神社から東に徒歩6分、御霊神社から南東に徒歩7分、元興寺塔跡から南東に徒歩7分、十輪院から南に徒歩8分、福智院から南西に徒歩9分

周辺地図

  • 本店はLIXIL(INAX) LF-270SALC 床排水Sトラップ(排水口カバー付) ポップアップ式排水金具(呼び径32mm) ナチュラル アーチ型形状 きらり

  • Tweet